NEGIKA BLOG

WEB/DTP DESIGNER NEGIKA

NEGIKA BLOG

WEB/DTP DESIGNER NEGIKA

2020.05.06

Photoshop

Photoshopエラー/ネスト化とは「このドキュメントはネスト化されたレイヤーグループが含まれPhotoshopCS6より前のアプリケーションで開くと外観が変わる可能性があります。」

Photoshopエラー/ネスト化とは「このドキュメントはネスト化されたレイヤーグループが含まれPhotoshopCS6より前のアプリケーションで開くと外観が変わる可能性があります。」

こんにちは!WEB/DTPデザイナーのnegikaです。

Photoshop(フォトショップ)で保存するときに「このドキュメントはネスト化されたレイヤーグループが含まれPhotoshopCS6より前のアプリケーションで開くと外観が変わる可能性があります。」と表示されたことはありませんか?

「CS6以降だし大丈夫!問題ないか」と思って保存してしまいがちですが、データを渡す先方が非対応の場合問題となります。

今回は対応方法をご紹介いたします。

Photoshopのネスト化とは

そもそもネスト化とは

ネストとは、階層を指し、複数のレイヤーなどをひとつにまとめることを指します。Photoshopの場合はレイヤーをグループにまとめることを表すでしょう。

なぜエラーが起きるのか

Photoshop CS4までは、レイヤーをグループ化するのが「5階層」まででした。

そのため、新しいバージョンで「6階層以上」のデータを作ってしまうと警告で教えてくれるのです。「こんなに階層多いと古いバージョンではうまく開けないよ!いいの?」と。

エラーの対処法

レイヤーを分ければいいだけ!

深くなってしまった階層を「5階層」までにとどめましょう。たった1階層減っただけでエラーが消えるはずです。

まとめ

以上、Photoshopのエラー「このドキュメントはネスト化されたレイヤーグループが含まれPhotoshopCS6より前のアプリケーションで開くと外観が変わる可能性があります。」の対策方法でした。先方への気遣いとして下位バージョンへ配慮したデータを制作しましょう。

この記事のURLとタイトルをコピーする

SPONSOR

PROFILE

negika

WEB/DTP Designer

工業高校と大学でデザインと建築を学び、その後専門学校でWEBを学ぶ。制作会社勤務を経てフリーランスへ。

→プロフィールはこちら

CONTACT

ホームページ制作/ウェブデザイン/コーディング/印刷物デザインのご依頼/お見積もり/制作実績閲覧はこちらからご連絡ください↓外注先をお探しの制作会社様もお気軽にご相談ください↓

CONTACT